<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3/2(日)オーロラの映像とお話会

企画展関連イベント
3月2日(日)ミュージアムカフェvol.2
『極光~アラスカで追い続けた夢~』を開催しました。

今年の1月に開催した岡部達平さん(写真家・環境プロデューサー)の
ミュージアムカフェvol.1 『“sunQ”レンズのないカメラで撮る、美なる太陽』に続き、

名古屋大学・地球水循環研究センター研究員
アラスカ大学フェアバンクス校・国際北極圏研究センター客員研究助教の
中井太郎先生にオーロラの映像とお話会をしていただきました。

f0095878_1136827.jpg


オーロラに関する説明とともに、
アラスカでの生活の様子など普段聞けない貴重なお話をしてくださいました。

先生ご自身がオーロラを微速度撮影し、編集された映像を壁面のスクリーンを使って上映。

神秘的なオーロラの動きと音楽がマッチしていて
心が穏やかな気分になりました(*^^*)いつか生で見てみたいな~

f0095878_13263744.jpg


先生も今回のような講演会は、初めてだったそう。
そんなことも感じさせない先生の明るい人柄と経験で
夢のあるお話をたくさん聞くことができました^^♪


今回も70名以上の参加者の方が会場へ足を運んでいただきました。
市内外に限らず、県外からのお客様も多くてびっくり(..)みなさんアクティブ!

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
[PR]

by tanken-n | 2014-03-06 14:20 | イベント

3/1(土)ダジック・アースワークショップ

3/1(土)に『ダジック・アース』ワークショップイベントを開催しました。

今回、宇宙科学技術に携わる人材を育成しようと研究を進めている
ダジックシステムの開発者である齊藤昭則先生自らが講師としてお越しくださいました。

はて、「ダジック・アース」って何?と思われる方も多いと思います。

ここでちょこっとご説明(゜-゜)!
f0095878_16162320.jpg

☆「ダジック・アース」とは、平面を球体に貼りつけるラッピングという技術を
開発することによって宇宙科学技術の成果を学校教育に生かせる可能性を広げたツールです。
大きなデジタル立体地球儀「ダジック・アース」をぐるぐる回して、雲やオーロラの動きをを見ることができます。


当日は先生のお話を聞いた後、
参加者皆さんに小さな地球儀を工作していただきました。

これまた、普通の地球儀じゃないんです(^u^)
2008年2月8日以降で希望する日の
『雲と地震とプラズマが描かれた地球儀』を作ることができます☆

皆さん自分の誕生日や結婚記念日など思い入れのある日を選んでおられました♪

f0095878_1617121.jpg

切ったり貼ったり...球体に張り付けるのは結構難しい(..)

f0095878_16163843.jpg

↑完成!!

最後は、実際にダジック・アースを体感。
f0095878_16232993.jpg


技術はどこまで進歩するのでしょう、、楽しみです(^^)!

今回、予想以上の盛況ぶりでご参加いただけなかった方も
今月はイベント盛りだくさんですので是非ご参加いただければと思います!!
[PR]

by tanken-n | 2014-03-05 16:43 | イベント

京滋奈ブロック大会2014!!

久しぶりのブログの更新です!!

この度、2月23日(日)に京都伏見工業高校で開かれた
『京滋奈ブロック大会2014』にて

★サッカーオープンクラス
優勝&ベストプレゼンテーション賞

ココロボ2 
 Nitro Eventual  


★レスキューA セカンダリ
第3位
ココロボ2 
 Investigation  

という結果を収めました。


実は、大会当日の朝
探検の殿堂スタッフで伏見稲荷神社へ必勝祈願!
f0095878_1513180.jpg

もちろん勝利は各チームの努力の結果ですが、神様ありがとう!という気持ちです。笑
頑張っていた姿を見てきた分、私たちも心から応援していました!
いや~ほんとに良かった^^

まだ3/21~23に埼玉で開催されるジャパンオープン(日本大会)の
参加枠は未定ですが、引き続き応援よろしくお願いします!


サッカーライトウェイト・プライマリでも
東近江ノード大会で勝ち進んだ
ココロボの6チームが出場し、熱い戦いを繰り広げてくれました。
f0095878_14563236.jpg

今回は勝ち上がれなかったチームも
大きな大会での経験はきっと力になるでしょう。

f0095878_14565885.jpg

⇑サッカーオープンクラス決勝戦の様子(KYU vs Nitro Eventual)
凄い先輩たちがこんな近くにいいるのですよ!
また来年、上を目指して頑張りましょう(^u^)


選手の皆さん、運営スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。
[PR]

by tanken-n | 2014-03-05 15:17 | つぶやき