<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東近江ノード大会へ向けて

f0095878_10522735.jpg今年もロボカップジュニアジャパンの時期がきました。世界へ向かうためのステップの第1歩が当館で開催する東近江ノード大会です。
今日がエントリーの締切日。会場開放を利用する子たちも今日は多いですね。

私が子どものころ、PCは計算するためのプログラムを中学校の技術の授業でするものでした。
まーったく意味がわからず、先生の言う通りにキーボードを人差し指1本で押してました。

サッカーロボットが勝てるようなプログラムを組む彼らが大人になったとき、どんな道具が身近にあるんでしょう。
このロボカップは「西暦2050年までに、人間のサッカー世界チャンピオンチームに勝てるロボットチームを作る!」を目標に始まりました。彼らが社会をその背に負うとき、心も技術も豊かでしなやかなカッコイイ大人になってるといいな。
[PR]

by tanken-n | 2013-01-26 10:53 | つぶやき

西堀さんを京都へ訪ねてきました。

f0095878_1435845.jpg f0095878_1439347.jpg f0095878_14391483.jpg
今年は西堀榮三郎生誕110周年にあたります。
記念して、1月20日「京都へ西堀榮三郎を訪ねる旅」を実施しました。

三男の峯夫さんが同行してくださり、お父様である榮三郎さんのエピソードをお聞きしながらめぐることができました。もちろん当館学芸員もいつも通り、たくさん解説いたしております。

西堀青年がアインシュタインを案内した知恩院へも行きましたら、
参加者のお一人がある発見をされました!
阿弥陀様の灯篭、両方に「紹介人 西堀清兵衛」のお名前が…!
「あっら~」と参加者一同でびっくり。

今回の企画に参加頂いた方からは、大変良い企画だとお褒めの言葉を多数いただきました。
寒い一日、ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

ご協力
京都芸術センター(元明倫小学校)
京都市学校歴史博物館
京都大学大学文書館
[PR]

by tanken-n | 2013-01-22 14:41 | イベント

ホソミオツネントンボ探し。

14日日曜日、ホソミオツネントンボを探しに、愛東町と愛荘町に行きました。
参加したのは親子4組と大人1名。
あいにく、強風の中、雨もダダ降りの中、雨合羽を来て、観察です。
f0095878_15223793.jpg


いましたよ。
わかります?
f0095878_15231545.jpg

[PR]

by tanken-n | 2013-01-18 15:23 | イベント

「もっと知りたい!東近江」第1号!

f0095878_17374187.jpg
博物館グループで実施している民具体験事業「もっと知りたい!東近江」が今年も始まりました!
1番はじめの学校は湖東第3小学校の3年生の皆さん。
市内の小学校のほとんどの小学3年生がこの1月、2月に体験してくれます。
職員も頑張って対応しますよ~!

そして、今年も南極観測隊をのせた「しらせ」、昨年に引き続き接岸を断念したというニュースを見つけました。↓
文部科学省 報道発表
[PR]

by tanken-n | 2013-01-11 17:38 | つぶやき

新年あけましておめでとうござます。

新年あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

新年はじめの事業は、
「西堀榮三郎を京都に訪ねる旅」です!
現在開催中の「新・西堀語録展」でもご紹介している西堀榮三郎の個性的な考え方を育んだ京都の教育文化をたずねて歩きます。
f0095878_1020865.jpg

下見に行ってきましたが、京都の教育文化のあらゆるところに西堀イズムがあるんです!
というより、京都の教育風土が西堀さんの考えを育てていったんですね。

例えば…西堀少年が通っていた明倫尋常小学校の教育要覧には、
自学的学風の確立
児童をして各自その個性に適応したる学習をなさしむ
児童の自力によりて工夫し研究して獲得したる結果に価値を認むると共に、その過程はさらに創造の能を養う。

とあります。
「自ら」という字が、何度も何度も出てきてますね。

まだ定員に空きがあります。
冬の京都を歩きませんか?
[PR]

by tanken-n | 2013-01-06 10:44 | つぶやき