<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました。

殿堂は本日仕事納めになります。
先ほど館長からのあいさつもあり、休み中の事故怪我の注意がありました。

今年は南極体験ゾーンの休止という大きな節目となった年でした。
例年ならば夏やすみが終わると徐々に少なくなってゆく来館者も、
今年は10月末までたくさんのお客さんに来ていただいていました。
「もったいないなー」
「さみしくなるね」
「終わるってときになって初めて来たわ」

休止になるまではこんな声が多く聞こえましたが、休止になったあとの11月以降は
「今、どこで働いてるの?」
「お客さん来るの?」
「え? もう閉館したんちゃうん?」
答える言葉に困りました。

イメージというのは、時に乱暴なものだなぁというのが実感です。
体験ゾーン休止後も、常と変わらずココロボの子たちは通ってきていますし、
土日には小さいながらも実験工作の活動も続けています。
無線倶楽部も毎週土曜日に行われています。

この館の近くに生まれ育った子たちが、そしてここを生活の場として生きている大人たちが、
「あっこに行けば、なんか楽しいこと、おもしろいことがある。人がいる」と思ってもらえるような、
そんな場になるといいな、と思います。


今年一年間、ありがとうございました。
来年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
[PR]

by tanken-n | 2010-12-26 16:41 | つぶやき

クリスマスですね

f0095878_17412682.jpg
f0095878_17413345.jpgf0095878_17414168.jpg今日は、万華鏡づくりとココロボと無線倶楽部がありました。
受付にあるツリーに「ああ」って顔をされると、ちょっとうれしい。

無線倶楽部はキッズが来れなかったので写真はひかえました。おじさまたち、ごめんなさい。
[PR]

by tanken-n | 2010-12-25 17:42 | つぶやき

市辺コミュニティセンターでロボット講座

f0095878_16391019.jpg
今日は市内の市辺コミセンでロボット講座を出前しに行って来ました。
「ロボット」というと男子の参加者が多い中、今回は女子が! うれしいです。

f0095878_16422471.jpg
[PR]

by tanken-n | 2010-12-19 16:42 | イベント

出前講座とサイエンスカフェ

今日のスタッフは2班に分かれて、働きます!

1班は、びわ湖の北にある西浅井町の公民館で出前講座を依頼されたので、「飛ぶ工作」と「ダイヤモンドダスト実験+雪の結晶紋きりあそび」をしに出張です。
(このダイヤモンドダストの画像は秀逸です。友人のカメラマンlazycameraさん、感謝)
f0095878_915193.jpg


もう1班は、サイエンスカフェ「南極点一番乗りのレースは、どのように行われたのか?  ~成功と失敗を分けた理由、極地探検におけるリーダー像~」長いタイトルで気合充分。
講師はアラスカ大学国際北極圏研究センターの福田正巳さんとゲストで西堀榮三郎子息の西堀峯夫さん。
f0095878_9203324.jpg


今はそれぞれ準備に追われているなか、私は打ち合わせ前に皆様へご報告です。
世間さんでは、南極体験ゾーンの休止により「殿堂閉まったで」とか「あんた、今どこで働いてんの」などと言われていますが、殿堂スタッフ、一生懸命働いてますよー。
[PR]

by tanken-n | 2010-12-18 09:20 | イベント

年賀状づくりしました。

f0095878_111339.jpgf0095878_1113928.jpg
下は2歳から、大人まで年賀状を手づくりしました。
こんな年賀状とどいたら、思わずにっこりしてしまいそう。
お正月にもらえるお友達がうらやましいな、と思いました。
[PR]

by tanken-n | 2010-12-15 11:04 | イベント

年賀状づくりをします

f0095878_10573669.jpg
12/11[土]に年賀状づくりをします。
ちょっと前はメールや携帯ですます人が多いなどと新聞やらテレビやらでとりざたされていましたが、最近は日本郵便の素敵CMが流れていたり、スローライフや手づくりの良さが見直されているなかで、年賀状を手書きで送ってくれる人たちが私のまわりにも増えてきています。

おつきあいの多い方で100通とか出される方はちょっと大変ですが、
たくさん届く年賀状のなかで、その人のことを思い出される年始のごあいさつが入っているとやはりうれしいものですよね。
子どもたちはお友達や遠くにはなれているおじいちゃん、おばあちゃんに手づくりの年始のごあいさつなどはいかがでしょう。

今回は、殿堂の紋切り(100円)、蒲生のガリ版(100円)、絵手紙(300円)、水墨画(300円)と4種類の方法を一度に体験していただけます。

ずいぶん寒くなってきましたものね。
お部屋のなかで、ゆっくり、じっくり、自分の手を使って、素敵な年始のごあいさつの準備をしましょう。
お申し込みは【近江商人博物館 050-5802-3134/0748-48-7101】です。
11日に探検の殿堂でお待ちしておりますね。
[PR]

by tanken-n | 2010-12-09 10:59

植物シモバシラ(雪寄草)

12月11日から企画展「氷の花の写真展」をOPENします。
くわしくは当館のホームページをご覧くださいね。

その中に「植物シモバシラの氷花」の写真と映像があります。
f0095878_15312675.jpg

「植物シモバシラ」は、シソ科の多年草で、属名は植物学者の伊藤圭介にちなんでいます。
別名を雪寄草(ゆきよせそう)ともいいます。
この「シモバシラ」よく冷え込んだ朝、枯れた茎に氷が成長し花のように広がります。


苗をネットで購入し、館の裏にある雪上車の横に植えたのが11月16日。
氷花は1月2月の寒い朝に、枯れた茎にできるそうなので、出勤したときにまだ残っているかはわかりませんが、実際に見れるといいな。

ちなみにふつうの地面からできる霜柱も東近江では見ることができます。
と、言っても山の中ですが…。去年登った押立山にできてた霜柱です。
f0095878_15294163.jpg

[PR]

by tanken-n | 2010-12-05 15:32 | つぶやき

今日は無線倶楽部の活動日

f0095878_17372118.jpgかなり、アマチュア無線の世界へどっぷりつかりこんだO君。
今日は韓国人やインド人と英語で交信してました。
となり部屋では小4から中2までの少年たちがロボットに夢中。

好きなことしてて、さらに趣味の合う友達に出会えて、みんなホントに楽しそう。
学校も住んでるところも違うけど、話があう人にめぐりあえるのは、とてもいい刺激になるんだろうな。
勉強も大事だけど、「自分の好き」も、もっと大事。
その感性が似ている友達や大人に出会うことも、すごく大事。


あぁ。山や川や、自然の中にも行きたいなぁ…。いい季節なのになぁ…。
[PR]

by tanken-n | 2010-12-04 17:38 | つぶやき

サイエンス・カフェ いかがでしょう?

「南極点一番乗りのレースは、どのように行われたのか?
  ~成功と失敗を分けた理由、極地探検におけるリーダー像~」



f0095878_8512173.jpg

お申し込みは探検の殿堂まで(tanken@city.higashiomi.shiga.jp/0749-45-0011)お待ちしてます。
[PR]

by tanken-n | 2010-12-03 08:52 | イベント