<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年も一年間、ありがとうございました。

めっきり更新回数が減ってしまいまして・・・。
今年も本当にたくさんいろんなことがありました。

無線倶楽部が開局し、南極の近藤さんと交信できたこと。
そして無線に興味をもった少年たちが集まり始め、新しい世界が開きつつあること。
今年で3年目をむかえるココロボ隊員がSRCで見事!優勝したこと。
そして、内部ではスタッフが1名増えて、土台を固めることができたこと。
数えあげるときりがありません。もっともっとたくさんの出来事がありました。

今年もいろんな方に出会い、助けていただき、一年間を終えようとしています。
本当に、本当にありがとうございます。

いよいよ新しい年を迎えます!
来年も、皆様にとってもよい年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。
ありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]

by tanken-n | 2008-12-31 22:26 | つぶやき

また一人、探検家が旅立たれました

f0095878_10453668.jpg

殿堂入りしている探検家・藤田和夫さん(大阪市立大学名誉教授)が、
お亡くなりになりました。
病気療養中だとは聞いていましたが、12月1日の午後6時23分に逝去されたそうです。
1919年のお生まれですから、89才の人生でした。

探検の殿堂では、「山脈形成論の実践論的研究」で人類の知的財産をなした方として
殿堂入りしていただいています。
独自の山地形成論を発表された方であり、当然のことながら山歩きが多い方ですが、
京都の学生時代には、榮三郎さんや今西錦司さんらと一緒に
白頭山(ペクトウサン)遠征登山に参加していますし、
大興安嶺探検や京都大学カラコラム・ヒンズークシ学術探検にも参加するなど、
よほど踏査活動が好きな人だったんだなぁと感心するご活躍です。
探検の殿堂では、子どもたちと山歩きをしている割には、
藤田先生とあまりご縁がありませんでしたので、
お元気な間に一緒に歩ける機会を得なかったことが心残りです。

探検の殿堂で紹介させていただいている探検家は全部で50名。
そのうち、ご存命でいらっしゃる方は3名になってしまいました。
しかも、流行の言葉で表現するなら、みなさん後期高齢者に該当されますから、
少しでも長くお元気でいてくださることを願うばかりです。

今年の2月になくなられた西川一三さんも89才でしたが、
若いころよく歩かれた健脚たちは、多分、長生きされているほうなんだと思います。

藤田和夫さんも、他の探検家たちと久しぶりに再開し、
地上とはまた違ったところを一緒に歩かれるのかもしれませんね。
ご冥福をお祈りします。
[PR]

by tanken-n | 2008-12-03 11:08 | つぶやき