<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

風雪に耐えて13年

すみかわです。
探検の殿堂のこれまでを振り返ったとき、ある人が表現したのが上記のタイトルです。

どこの科学館・博物館もそうですが、その持ち主のお台所事情が逼迫すればするほど、
風雪に耐えていかなければなりません。
これまで風雪に耐えて来たのは、南極がテーマだからだったのでしょうか?
この頃のブリザードはことに凄まじいのですが、でも、寒さには強いんです。頑張ろっと!
[PR]

by tanken-n | 2007-10-28 11:03 | つぶやき

西堀語録が社訓に!

すみかわです。
南極観測とご縁お深いミサワホームさんの中でも、
北陸のミサワホームさんは、会長さんが西堀教(西堀狂?)とも言えるほど、
大の西堀榮三郎ファンだそうです。
そのため、北陸ミサワの社訓は西堀語録だそう。
えらいこっちゃ! 会長の訓示を頂戴するための研修を組まなきゃ!
大人の探検倶楽部で金沢ツアーを企画しようと心に誓いました。

そういう関係で、今日は、ミサワの社員で第47次隊で越冬した井熊隊員と、
それを取材するために北陸ミサワの社員さんがお越しになりました。
顧客に配布している冊子に井熊隊員のインタビューを掲載するそうですが、
そのインタビューを是非とも探検の殿堂を会場に行いたいということです。

名字に「熊」がつくためか、はたまた外見もホンワカと熊さんに似ているせいか、
井熊隊員の名刺には、「熊の着ぐるみを来た井熊さん」のイラストが入っていました。
こうやって、一番最初に話題にできるようなものが印刷された名刺はGoodですね。
穏やかな言動の中に、キラリと光る情熱が見え隠れする、男気のある方でした。

南極観測隊員となられる方は、みなさん骨太な感じがします。
考えてみたら、その筋のプロですからね。気合が違っていますものね。
榮三郎さんの映像も熱心に見てくださって、すみかわは満足しちゃいました。
[PR]

by tanken-n | 2007-10-27 16:30 | つぶやき

やっと運営協議会開催にこぎつけた

すみかわです。
開催しなくちゃと思いつつ、日々の業務というか、楽しい活動企画に気持ちが傾いて、
なかなか設定できなかった探検の殿堂運営協議会をようやく開催します。

指定管理者制度の導入検討を含め、将来の方向性を模索しています。
昨今の社会状況、財政状況はもちろんのこと、
館の利用者や活動への参加者ニーズを反映させ、
持続可能で発展の望めるような施設の性格(や機能)を再構築するため、
難問に取り組んでいるところです。

ところで、今日は大津にある研修施設で「政策法務」を受講してきました。
今日を含めて4日間も通わなければならないので、ちょっとメンドーだなと思ったり、
私にはおよそ関係ない(場違いな)研修なんじゃないのぉと思っていたのですが、
意外にも、探検の殿堂の将来に必要なものかもしれないと認識を新たにし、
更には、情熱的な講師の講義に、私も少々胸が熱くなってしまいました(笑)

意欲的に取り組め、失敗を恐れるな、転換させる発想をもて、マイナスイメージは禁物など、
西堀語録に近似した言葉が熱き講師の口から発せられるたび、
「いや~、榮ちゃんは不滅だね」
と、一人納得していた午前の講義でした。
[PR]

by tanken-n | 2007-10-25 21:53 | つぶやき

うちの「おんな」は使えるよ!

すみかわです。
「灯りを楽しむ」展を開催するにあたって悩んだのが「灯り」です。
お互いに邪魔しあわず、部屋も明るすぎず、映像も栄えるようにするには、
スクリーンの横に映像の明かりが遮れるカーテンみたいなものが欲しいんだな。
そうするって~と、手前の子どもたちの灯りも素敵になるはずだし・・・・。

館長が地元のタチカワブラインドさんに、
「カーテン生地で余ったのなんてないかなぁ~」
と聞いたところ、早速営業の方が現場を見に来てくださって、
「うちは余りものはありません。ま、地元の博物館さんですから、提供しますよ」
ということで、棚ぼた方式でオーダーメイドのカーテンが本日やってまいりました。
そんりゃあ、立派な吊り下げ式・ロールタイプのカーテンです。
しかも、遮光タイプですよ! タチカワブラインドさんって、実に太っ腹だ!
ありがたや~~~ありがたや~~~、神様、仏様、ご先祖さま~~

閉館後、早速カーテンを吊るすこととなりましたが、
探究館は天井が半端でないほど高いので、クレーン車並の脚立を立てねばなりません。
高いところに勇敢にも登って行くのはムトウです(身軽だなぁ)。
もう少し右、もう少し上などと、指示を出すのはもちろん私。
それでも、口だけじゃあ申し訳ないと、牛乳パックで即席手(カーテンを支えるV字型)をつくり、先日購入した長いパイプ棒の先っちょに括りつけ、ムトウが片方を持って登るなら、
もう片方は私が創意工夫の手で押し上げて支える格好で奮闘しました。
そんな二人を応援しつつ、あれこれとサポートするのは谷さんです。
なんて使える「おんなたち」なんでしょう! (いつでも自画自賛がココの基本形です)

ただ、男が居なくてもできちゃう・・・のは、女としては少々さびしいこと?
いやいや、そうでなくては南極へは行けないのだ!!
[PR]

by tanken-n | 2007-10-24 19:39 | つぶやき

そういや、すごいことが起こったんだった

すみかわです。
ココロボ隊員の何人かが、北原先生のお許しを得て、
スペースロボットコンテストの予選に再挑戦(ダブルエントリー)をすることになり、
10月20日(土)、大津市唐崎市民センターまで行ってきました。

とても小さな会場で、引率あるいは保護者は会場に入ることができません。
実行委員から、「試合終了はだいたい16時、その頃お迎えに来てください」
といわれてしまい、保護者はしゃ~ないな・・・と会場を後にしました。
私はお気楽者なので、本当に16時前になって戻ってきたのですが、
あらあら、どうしたことでしょう。
なんと! ココロボの「ポテトーズ」が優勝ではありませんか。
しかも、探検の殿堂で優勝したチームより6点多い結果を出したので、
京都と大阪会場が残っているものの、現段階ではポテト-ズがダントツトップです。
意外な展開・・・なんて言うと失礼ですが、想定外の成績に、
恐れ入りましたと頭を垂れた結末でございました。

これで11月4日の本戦に出場するのは3チーム。
エントリー数によっては、他のチームもまだまだ可能性が残っております。
[PR]

by tanken-n | 2007-10-23 17:41 | つぶやき

いい加減な案内解説員

すみかわです。
ここのところ、小学校の団体さんが来館くださっていますが、
本日も1学年3クラスの小学校が米原からお越しになりました。

ムトウが休んでいるため、体験ゾーンとダイヤモンドダスト実験と紋切りと、
いったい誰がどれを担当するか、相談しました。
風邪で大声が出ないすみかわは、とりあえず一番声を出しているのが短いと思われる
南極体験ゾーンの案内を担当することに。
こういう日は館長も実働部隊で、ダイヤモンドダストを担当します。

すみかわの案内は久しぶりです。
「風邪で大きな声がでませんから、静か~に聞いてくださいね」というと、
元気な小学生は気持ちの良いお返事で 「は~い!」
本当であれば(マニュアルどおりに話せば)、3分程度の解説なのですが、
私の案内はクラスによってまちまち・・・最初のクラスは5分、
次のクラスは8分、最後は10分と、声が出ないと言っておきながら、
だんだんと長くなります。

というのも、“あっ、これも言ったらよかったかな?” “そうか、こう言うといいんだな”と
話すたびに気づいてしまうからなんです。
マニュアルは必要だけれど、それが最高のものではないと、
榮ちゃんもきっとそう言ってくれるに違いない。
とはいえ、話ばっかりしていたら、いつまでたっても体験ゾーンに入れないんですけどね。
[PR]

by tanken-n | 2007-10-23 17:31 | つぶやき

OPEN前日に定時で帰れますよ。

むとうです。
明日から成安造形大学の協力で、「灯かりを楽しむ展」がOPENです。
前日、この時間(なんと夕方5時!)に、展示物、レイアウトもすべて完成しているんです!

すばらしい!
未だかつてないこの状況は、成安造形大学の住環境デザインクラスの先生方をはじめ、作品を提供してくださった学生さん、そして、一度は、はげしい雨や風で作品がバンバラバンになってしまったにも関わらず、わざわざ殿堂まで来て修復してくれたキッズ探検倶楽部の隊員くんたちの力があってこそです。

そして、今回も大津のお豆腐やさんのピアノ演奏が、素敵な雰囲気にびったしです。

みなさま、本当にありがとうございます。
f0095878_17331885.jpg
[PR]

by tanken-n | 2007-10-19 17:33 | お知らせ

体脂肪とコレステロールはどう違うの?

すみかわです。
夏に実施した健康診断の結果が送られてきました。
う~ん・・・体脂肪が増えている(肥満の類)・・・けど、中性脂肪は減っている。
「なんでなん?」

結局、運動不足の皮下脂肪による肥満体ということだと言われてしまいました。
中には肝機能に悪い結果がでた人もいて、お互いにショックを隠しきれません。

異常なし・所見なしの結果ではありますが、あまりよろしくはありません。
時間が来ると必ず小腹がすくので、ついついお菓子に手が出てしまいますが、
でも、それは、実は身体にとっては不必要なエネルギー補給なのでしょう。

以前、南極で2度ほど越冬した中村隊員(滋賀県在住)から、
3810メートルのドームふじ観測拠点に居たら、
体脂肪が16%も減ったという話を伺ったことがありますが、
せっかくマイナス25度があるんですから、あの中で仕事をしようかしらん?
もっとも、寒さに耐えうるパソコンがあれば、の話ですが。
(実践したいところなんだけど、できないということにしておこう!)
[PR]

by tanken-n | 2007-10-19 15:20 | つぶやき

手廻し計算機

すみかわです。
本日のお客様の中に、展示の誤りを発見した方がいらっしゃいました。
「何か書けるものはない? 紙と鉛筆でいいんだけど」

そこには、昭和基地内のパネルについての誤りと本当の答えが書かれていました。
f0095878_1452857.jpg
キャプションには、ファクシミリの修理中とあるのですが、ご指摘によると、これは「タイガーの手廻し計算機」だそうです。

今年の夏に通信の展示をした時、当時は写真電送器なるものでしか写真やイラストが送れなかったことがわかったのですから、その時点でミスに気づくべきでした(反省、反省)。
館のOPEN当初にはわからなかった情報も、こうやって公開しているうちに、いつか誰かによって修正されるものなんですね。
今日のようなご意見は、博物館にとっては大変貴重なものです。そうやって博物館も成長できるのですから。
[PR]

by tanken-n | 2007-10-18 15:15 | つぶやき

芸術の秋、灯りを楽しむ秋

すみかわです。
時候の挨拶とファッションは常に今より先を走っていますが、
探検の殿堂の企画展は、何故かいつも今現在だったりします(苦笑)

10月20日から始まる「灯りを楽しむ」展の準備は、明日・明後日が山場です。
チラシの印刷UPは企画展が始まってからかなぁ・・・・・・・・・・すみません。

昨日は、成安造形大学の先生や学生さん方が、
大作の調整にきてくださったので、実物資料に関してはバッチリです。
ただ、どんな風に会場をデザインしたものか。
相手が芸術的な作品だけに、センスが問われると思うと、だいぶ不安。
食べることに関してはお任せあれの私ではございますが、
芸術的センスは如何せんフニャララ。 ま、ムトウに期待しませう。
[PR]

by tanken-n | 2007-10-17 13:49 | つぶやき