<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雪氷楽会2007 in 富山

すみかわです。
25日~29日まで、日本雪氷学会の全国大会に参加するため、富山に行っておりました。

富山はお寿司が美味しくて、結局、26日の懇親会でお肉を一切れいただいた以外は、
夜は全てお寿司となってしまいました。
富山弁で「きときと」とは鮮度のいいとか生き生きとしたという意味だそうですが、
まさに、白エビ・白魚と鮮度の良さを存分に堪能いたしました。
でも、初体験で絶品だったのが、焼きアナゴの塩味版です。
忘れられない富山の味となりました。

それはさておき、学会の最終日に行われた「雪氷楽会」(学会会員による普及活動)は、
7月にリニューアルOPENした富山市科学博物館(と名称を変更)が会場となり、
実験あり、工作あり、雪のアート作品・南極の展示、ペンギンコレクション展まで、
今回は多彩な内容での充実したイベントとなりました。
私も山下先生と唐箕の浮遊実験と水分子模型でつくる雪結晶などを出展しましたが、
半分くらいは山下先生に押し付け、他の出展ブースを体験して回っておりました。
その中でも「探検の殿堂でもやりたい!」と思って帰ってきたのが、
中谷宇吉郎雪の科学館の「チンダル現象」であり、
千葉大の竹内先生のところの学生さんが見せていた赤雪の顕微鏡観察です。
少々器具が必要ではあります。でも、常設展示くらいにできたらいいのになぁ・・・。
f0095878_19454836.jpg
f0095878_194616.jpg

[PR]

by tanken-n | 2007-09-30 19:49 | つぶやき

俺は?!

むとうです。
今日、お客様が西堀語録のイラストポストカードを見て一言。
「これ、上司に送ったら微妙やんなぁ...。『俺は? どっち?! どっちなん?!』って」

...。確かに。そうかもしれません。でも私は思いました。
「どっち?」って悩む上司さんは、しっぽにトゲは、はえていないはずです。
ちなみにその男性のお客様も、やさしそうな方でした。

f0095878_2394919.jpg

[PR]

by tanken-n | 2007-09-24 23:12 | つぶやき

早くも“ねずみちゃん”登場です

すみかわです。
農の匠・源四郎作のわら細工は、宝船や亀のような縁起物から俵(飾れるタイプ)、
藁とん(子どもの椅子にも高いところの物をとる踏み台にもなる)等の実用品まで、
素晴らしい作品がたくさんあります。 
源四さんの手にかかると、わらが驚くような作品に変わるのですが、
そんな匠の新作が登場! 平成20年の干支 『子(ねずみ)』 です。
定価は300円(税込み・送料別)  おひとつ、いかが?
f0095878_15124842.jpg

[PR]

by tanken-n | 2007-09-21 15:21 | お知らせ

世の中には奇特な方がいるもんだ

すみかわです。
今日は、「(良い意味で)けったいなお客様」がお二方ありました。
けったいな、というのは全く失礼な言い方で、館にとっては大変ありがたいお客様です。

その1
87歳の男性は、30代とおぼしきお孫さんを伴ってご来館。
聞けば、探検の殿堂のスポンサーとも言うべきT氏のご紹介だとか。
大阪からお越しくださったわけですが、草津に住むお孫さんに
「探検の殿堂まで連れて行け」とねだってくださったとかで、
お孫さんは、わざわざ仕事を休んでお連れくださったそうです。
今夜は温泉付の某ホテルに泊まってゆっくりとお湯につかり、
明日また電車で大阪まで帰られるようです。
う~ん、元気な87歳。
ちょうど霜取り作業をしていた滋賀県立大学の学生さんたちに頼んで、
体験ゾーン内での写真撮影も怠りなく、87歳とは思えないと谷さん。
よくぞ探検の殿堂までお越しくださいました、としか言いようがないです。

その2
「南極観測船しらせ」の模型を寄贈したいんだけど・・・
と、お昼に突然お電話いただいた0氏。
電話から1時間半後、できたてホヤホヤの模型をお持ちになりました。
よく聞けば、わざわざ大阪の模型会社に注文されたものです。
初めて封を切ったというような感じの新品模型が、
1/1250と1/500、それぞれ一艘ずつ並びました。
大きい方は、カタログを見ると数万円のシロモノです。
年金暮らしなのでゼロの多いのは買えなかったんだけど・・・・と、
1/200を指差して、あっけらかんとお話されます。
そ、そ、そんな! 30万円もするものを望むなんて、そんなバチあたりな!
この2つでも十分すぎるほどです。
かつて、共同通信で記者をされていた経歴の方なので、
第1次隊の田記者や、タロ・ジロの報道で名を馳せた第3次隊の深瀬記者とも
お知り合いのご様子。

結局のところ、何でわざわざ模型を注文して寄贈してくださったのか、
その辺の理由がわからないままお帰りになったのですが、
館長と二人して、世の中には、本当に奇特な方がいるもんだと、
ありがたい気持ちと不思議な気持ちになりました。
探検の殿堂も、まだまだ捨てたもんじゃぁないザンス。
[PR]

by tanken-n | 2007-09-19 18:00 | つぶやき

いつ見てもキレイだな

すみかわです。
今年は、科学の祭典(東京と彦根の2会場)、環境と科学のフェスティバル、
サイエンス・フェスタ、ジオ・カーニバル、雪氷楽会と、あっちこっちに出展するので、
どこで何をするんだったかコンガラガッチャッテ・・・

今回は、彦根版の科学の祭典の「印刷物対応の原稿」を書きながら、
確かこの内容で申し込み申請したんだったよなぁ、なんていい加減な調子です。
彦根では、近場ということもあってダイヤモンドダスト実験をします。
写真、写真と探していたら、以前、井上一氏に撮影してもらったのを見つけました。
実際の細氷(ダイヤモンドダスト)も、もちろん綺麗ですが、
写真の美しさもナカナカノモノだな。井上一氏の腕によるところは大きいですけどね。
f0095878_18221416.jpg

[PR]

by tanken-n | 2007-09-13 18:23 | つぶやき

立山の活動報告会

すみかわです。
夏休みが終わってからボケボケしているのですが、
お客さんもなかなかユニークで、面白い問い合わせが数件あります。
その中でも極めつけは、
「今年の営業はもう終わっちゃったんですよね?」
う~ん、一年中開館している博物館なんですけど・・・(複雑な心境だ)。

ところで、8月上旬に活動してきた立山の報告会を9月15日に開きます。
市内の中学校によっては運動会というところもあるようなので、
運動会が何時に終わるかは知りませんが、16時-17時で予定しています。
むとう力作の報告書に加え、活動の様子を振り返るための映像を用意しますので、
興味のある方はご参加ください。
来年は笹ヶ峰の京大ヒュッテに行きたいなぁ・・・冬の1本杖スキーも魅力的だけど。
年に1回の大規模な探検?なので、すでに次の計画に入っている状況ですが、
とりあえず、今年活動したことのふりかえりと反省会をします。
[PR]

by tanken-n | 2007-09-11 19:04 | お知らせ

こな爺とアマチュア無線クラブ

すみかわです。
今夏の企画展に関連したイベント「こな爺のオモシロ電波教室」も盛会裏に終了しました。
f0095878_14412152.jpg

f0095878_144135100.jpg最後に、質問はありますか?との問いに、
「どうしたらアマチュア無線の資格が取れますか?」
という、待ってました!!質問もあり、アマチュア無線クラブを立ち上げたら、きっと会員になってくれるぞ、という期待感が持てる教室でした。
小永井先生とご協力いただいたアマチュア無線の方々には、お礼申し上げます。

今回の教室に参加しなかった方も、探検の殿堂でクラブを設立したら、一緒に資格取得を目指してチャレンジしてみませんか?
何しろ、今年の11月に南極へ行く第49次隊の中に、滋賀県から通信担当(もちろん、ハムもされます)で越冬する方が決まっていますので、何とか南極で越冬している近藤さんと
交信してみたいじゃありませんか。
[PR]

by tanken-n | 2007-09-02 14:53 | つぶやき

たまには掃除もしなくちゃ

すみかわです。
おもいっきりArtの作品たち?の片付けをしたついでに、たまには掃除機でもかけましょ!
っということで、普段は見てみぬ振りをしているところを掃除しました。

見てみぬ振りをしていたといえども、、なんでこんなにホコリがたまっているのでしょう?
というか、やたらとクモの巣がはっているのにはビックリです。
「クモさん、いつの間に・・・」 (と、間抜けなひとり言をいってみる)
ドアの隙間、机の下、棚の影、サッシの角・・・半日お掃除おばさんをしながら、
う~ん、自宅もひょっとして、ひょっとするかも(怖い)。

夏の忙しさは明日のイベントで終了です。
読書の秋、味覚の秋ではございますが、たまったホコリを取り除く秋ともいえましょう。
あ、それって、私だけの話か、失礼。
[PR]

by tanken-n | 2007-09-01 17:04 | つぶやき