<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

記憶の彼方に

すみかわです。
平成19年度は、ちょっと落ち着いてモノゴトを考えたり、
行き当たりばったり突撃攻撃や思いつき衝動戦略は控えて、
着実に将来に向けて取り組もうね・・・とか何とか言ってたのはいつの日か?

連休前後の記憶もあやふやな程、何だったっけ?攻撃が続く私に、
「すみかわさ~ん、大丈夫ですか? 結構来てますよ~」

5月31日必着!の書類2件はどうにか片付けたけど、
“明日やること!”のメモを帰り間際に書きながら、
これって幸せなの? それとも、自分で自分を追い詰めてるだけ? と
何やら怪しげな声が聞こえてきそうな・・・やばい! ハヨ帰って寝よ。
[PR]

by tanken-n | 2007-05-30 23:28

お楽しみ会で。

むとうです。
昨日、市内で小学校の先生をしているあっちゃんが久しぶりに遊びに来てくれて、
うれしい話しをしてくれました。

「今、クラスでお楽しみ会をすることになって、『なにしようか〜』って
みんなで話してて。
『クレープ!』とか出たんですけど、嫌いな子もいて...。
そしたら、『こないだ殿堂でアイスつくった!』っていう子がいて、
『作りかたも知ってるよ!』ってレシピを持って来てくれることになりました!」

おお〜。
どうやらその子は、使った容器も大切にとっておいてくれてるらしい。

こういうイベントのアトの後日談ってうれしいですね。
その子の頭のなかには「作った!」っていうことが残ってて
クラスでみんなに教えてくれたわけで。
できたら塩と氷のちからも思い出してほしいですなー。
[PR]

by tanken-n | 2007-05-27 07:02 | つぶやき

祈り

すみかわです。
テンサンさんの姿が、まるで祈っているように見えました。
f0095878_11555846.jpg

[PR]

by tanken-n | 2007-05-25 11:56 | つぶやき

赤雪のなぞ

すみかわです。
忙しさにかまけて、とんとご無沙汰でございます。

本当は、今夜から富山に行く予定でした。
竹内先生と、恩師の幸島先生が行う立山での赤雪調査にご一緒させていただくため、
「立山カルデラ砂防博物館に朝6時半に集合!」だったからです。
NHK大津にも、竹内先生の突撃インタビュー(あ、これは私の勝手なネーミング)を
依頼されていたので、伊吹山の赤雪について語っていただこうと思っていたのですが、
なんと!こんな時期になって40センチもの新雪が降ったそうで、
2週間後に延期となってしまいました。

いくら立山とはいえ、ちょっといつもの気候と違ってるな・・・
地球の環境はどうなっちゃったんでしょう?

「ところで、新雪に埋もれた赤雪は、当然、太陽光が当たらなくなっているわけで、
そうなると、赤い色素はどうなるんでしょうねぇ?」
と質問してみたところ、竹内先生いわく、
「それは未知です」
オオオ! 未知を発見! このなぞに迫るのは誰だ?
[PR]

by tanken-n | 2007-05-24 22:36

本日のおかいこ様たち

すみかわです。
日、一日と成長するおかいこ様たちの様子をご覧ください。
白い方々が普通のおかいこ様で、手前の毛羽だっていらっしゃるのがテンサン様です。
f0095878_1538272.jpg

[PR]

by tanken-n | 2007-05-17 15:41 | つぶやき

学芸員冬の時代? でも・・・

すみかわです。
東京の古い友人が京都の相国寺まで、わざわざ休暇をとってまで、
『若沖展』(開基足利義満600年忌記念/釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会)を
観に来たそうで、「ランチでもどお?」 というので、他の用事を早々に片付け、
小1時間ほど御所の近くで昼食を共にしました。

同じ大学で学芸員を取得した仲間で、私よりグンと優秀な人ですから、
東京でバリバリ働いていると思いきや、「夏で辞めるんだ~」 
という思いがけない発言にビックリ。
指定管理者制度と職場の人間関係に神経を使うばかりか、
自分自身の未来を描けないそうで・・・ま、ぶっちゃけた話、疲れたのが原因だそう。
う~~むむ。多くの学芸員が、少なからず時代の流れに翻弄されているんでしょう。

「何だか随分と元気じゃない? 探検の殿堂はうまく行ってるの?」
と聞かれても、相変わらず戦いの日々じゃあ! としか言いようがない。
「私って結構、コンチクショーって事に追い込まれるのが快感だったりするのよねぇ」
とか言ってみたら、成る程、そういう性格してたねって納得されちゃって、
ありゃりゃ、マジでそんな一面があったのかしら?と複雑な心境でした。
[PR]

by tanken-n | 2007-05-14 21:20

平成19年度のココロボ始動

すみかわです。
平成19年度の科学探検隊ココロボがスタートしました。
今年はコナンくんこと小南くんという長身でハンサムな青年が、
福田くんの後をついでココロボを引っ張っていってくれます。

福田くんと中道くんという逸材が卒業してしまったのは痛手でしたが、
残ったスタッフと北原先生秘蔵っ子の特別スタッフはひたむきに活動を支え、
そして、さらにパワーアップさせる強力な助っ人も登場しました。
ココロボ隊員の保護者です(Nさん+Nさん)。
お二方とも、全ての子どもたちを分け隔てなくサポートしていて、
何てステキな大人なんだろうと感心しました。

定員を大幅に上回る今年のココロボ隊員の子どもたちの、
継続組みの慣れた動作に頼もしさを感じ、
新規組みのフレッシュな笑顔に励まされますが、
こうやってステキな大人たちが博物館の活動に関わってくださると、
よっしゃぁ!というパワーがでてきます。
[PR]

by tanken-n | 2007-05-12 22:23

どぜう様 その後

すみかわです。
多賀の金尾さんの調査結果について、速報が飛び込んできました。

まず、この「どぜう様」は、ごく普通のドジョウで、「ふつうドジョウ様」だそうです。
三重県の方で、体長が30cmくらいまで大きくなる神代ドジョウというのも
確認されているそうですが、本日の馬堤溜どぜう様は「ふつう」のタイプ。
ただし、さすがの金尾さんも「こんなでっかいの初めて見た」そうです。

妊婦様なので腹周りが太いとはいえ、なんと、8.5cmものウエストラインだったそうです。
「えっ~! 8.5cmもあるってか~!?」 と、
典ちゃんが電話の向こうで言っているのが信じられず、5回も聞いてしまいました。
わたくしの、指だけは細いと自負している親指をものさしで軽く一周してみたところ、
おや、確かに5cmは超えております。
あの太りようだったら、8.5cmもうなずけないことはないな、と納得。

馬堤溜巨大どぜう様と命名いたしましょう。
[PR]

by tanken-n | 2007-05-06 15:43 | お知らせ

毎日つづく、びっくり大発見シリーズ その3

すみかわです。
このごろ、驚く出来事が続きます(ど~したんだろ?)

探検の殿堂の前にある馬堤溜のお魚調査をしよう! ということで、
徹さんと典ちゃんが、昨日、もんどりを仕掛けて帰りました。
今日、どれどれと引き上げてみたところ・・・ま、まさか、あなたは?
f0095878_1056081.jpg

なんと、体長20cmもある「どぜう(ドジョウ)」さんです。
いやに肉付きがよろしいじゃない?と思ったら、妊婦さまでした。

館長が、早速インターネットで調べたところ、普通は10cmくらいのようですが、
この方、随分と立派に成長されていて、みんなでビックリ仰天です。

捕獲者の徹さん、「これから多賀の金尾くんのところへ持って行こっと!」
どんな調査結果がでるのか、楽しみです。
f0095878_10593357.jpg

[PR]

by tanken-n | 2007-05-06 11:02 | つぶやき

びっくり大発見シリーズ その2

すみかわです。
びっくり仰天とはこのことです。最初はカビているのかと思ったくらいです。
ほったらかしにしておいた「おかいこ様」の卵が、孵っているではありませんか!
f0095878_18465581.jpg

ヒョェ~ってくらいにちっちゃいので、横にスケールを置いて、顕微鏡写真を撮ってみました。
1mmがやたらデカク感じる・・・まだ、3mm程度のおかいこ様です。
慌てて桑の葉をとりに行って横に置いてみたら、猛然と食いつく食いつく・・・。
嗚呼、今年も、おかいこ様のために桑の葉を捜し求める日々が来てしまいました。
[PR]

by tanken-n | 2007-05-04 18:54 | つぶやき