<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年度末です。

受付むとうです。
今日で、今年度が終わります。
ちょっとふりかえってみると、なんだかいろんなことがあったような、
駆け抜けた一年だったような気がします。
今日と明日の一日のあいだに、飛び越えようと思っていても思ってなくても
確実に変わるものがあるようです。
心機一転。
相変わらず、ばたばたしている殿堂ですが(お客さんも徐々に増えつつある今日この頃。)
来年度もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by tanken-n | 2006-03-31 17:23 | つぶやき

虫たべっ会

すみかわです。
キッズ探検隊の「ゆきむしさがし」で一緒に活動してくださった
京都大学理学研究科人類進化論研究室のKさんにお誘いいただき、
「第2回虫たべっ会」に参加してきました。
(詳しくはKさんのホームページをご覧ください)

Why do not eat insects?
 「(まぁいっぺん)昆虫を食べてみなはれ」 ・・・ホンマかいな訳

というタイトルからして「おっ!」と感動の予感がありましたが、
マイヤーロホウ博士のお話は、とても興味深いものでした。
全て英語だったために、語学の苦手な私には、
半分も理解できていたんだろうか・・・実はわかんなかったのですが、
それでも、例えば、魚料理にスパイスとして使われる「アリ」は、
レモンに似た香りがするという話を聞いた瞬間など、
「おおおっ! それは是非食してみたいものだ」と、
常識が覆されるような昆虫のお話に身震いしてしまいました(笑)

11皿に種類ごとに分けて盛られた“今までに食べたことの無い昆虫たち”を
試食させていただきましたが、「フン虫」(フンコロガシ)は最高に美味しかった!
ラオス産カメムシも食べてみれば、「ホ~、結構食べれるじゃん」
といった感じでした。

f0095878_1033727.jpg

家に帰ると家族から、「ゲゲ~ェ、変人!」と気味悪がられましたが、
食わず嫌いって言葉があるでしょ?
先入観を捨てて、ぜひ一度トライしてみることをお薦めします。
それにしても、世界は広いな~
[PR]

by tanken-n | 2006-03-30 21:55 | つぶやき

探検の殿堂の7不思議

谷です。
もうすぐ、4月だというのに今朝は雪が降っていました。
探検の殿堂の池の周りの桜のつぼみも、また、かたくなってしまいました。
はやく暖かくなって、桜も咲いて、探検の殿堂のお客様もふえてほしいなぁ、と思う今日この頃です。
話しは変わり、探検の殿堂の7不思議のひとつ
グッズの中に本があるのですが、見本が前に立ててあるのにどうして、その後ろに置いてあるのを手にとって見られるのでしょうか?ちょっと見ていると半分以上の人がそうされるように思うのですが、すごく不思議なのです。

f0095878_10522636.jpg
[PR]

by tanken-n | 2006-03-29 10:17 | つぶやき

休館日ですが。

受付のむとうです。
今日は休館日ですが、今日中に地元のケーブルテレビに素材提供のため出勤です。
先日の日曜日、湖東探検クラブとキッズ探検隊の活動の最終活動が終了しました。
(詳しくは探検の殿堂ホームページをご覧ください)
年度末ということもあり、一年間の隊員たちの様子を記録した映像をまとめなおす作業を最近していたこともあって、なんだか感慨深いものがありました。
子どもたちに、日常では味わえない体験を少しでも多く、という気持ちでスタッフみんなで続けてきましたが、私自身は子どもたちといる時間が増えたことで、こちらが学ぶことがたくさんありました。
良くも悪くも元気いっぱいのわんぱく君たちばっかりだったので、怒れてくることもありましたが、自分の子どもの頃を思い出すと、そういえば子どもには子どもの言い分があって、ルールもある。純粋に興味・好奇心・探求心で見て、動いて、感じている彼らを見ていて、単純にすごいなと思いました。
1年間、楽しかったです。ありがとうございました。
[PR]

by tanken-n | 2006-03-28 11:20 | つぶやき

綿のたね

むとうです。f0095878_13243223.jpg
先日、近くにあるおいしいと評判のお豆腐やさんで、豆腐をつくる修行をしているお兄さんから、綿のたねをいただきました。
1cmもないくらいの大きさの種には、ふわふわと綿毛がついています。
綿の中に種ができ(正確には、綿が花なのだとおもうのですが・・・)、いわゆる綿にするには、まず種をとってから糸にするそうです。
種のまき時は4月下旬から5月上旬だそうです。
秋には、館の前にあるため池のまわりに、たくさん咲いていることを夢見て、まずは芽が出るのを楽しみに植えてみます。
f0095878_13254127.jpg
[PR]

by tanken-n | 2006-03-25 13:32 | つぶやき

8ミリ映写機

すみかわです。
西堀榮三郎資料に8ミリフィルムや16ミリフィルムがありますが、
残念なことに館には映写機がないため、
「これは私的な内容のようだなぁ」
と思うような資料については、中身を確認できずにいました。

旧湖東町は、早くからケーブルテレビをもっていて、
数年前からはインターネットも定額料金で使い放題、
9000人規模の田舎町にしてはかなり恵まれた環境で、
私たち博物館職員も不自由なく仕事をしてきました。
そのせいか、少し昔の機器類はどこを探しても処分してしまって
見つからなかいのです。

東近江市になり、八日市市を中心に1市6町が合併してみると、
「おお! こんなところにあった、あった」
ということで、能登川博物館にお借りしに行ってきました。
能登川博物館のY氏曰く、
「くださいって、市民にも聞いてみな。ど~んと出てくるよ」

ほんと? ホント?
すみませんが、あなたのお宅のご不要品に映写機がありましたら、
寄贈していただけませんか?
[PR]

by tanken-n | 2006-03-24 19:09 | つぶやき

案外くつろげルンです

すみかわです。
今日も、来館者はボチボチ・・・です(苦笑)
でも、この時期、ひとり物思いにふけりたい方や、
カップルにはくつろぎの場になることもあるようです。

本日のくつろぎタイムを2時間45分ほど過ごされたのは、
30代前後とおぼしき殿方でした。
長いすに寝そべってビデオ映像を観る。
あるいは靴を脱いで椅子に上ったり下りたりと、軽くストレッチしながら観る。
別に監視しているわけではありませんが、
こんなにたっぷりと映像を堪能してくださる方がいると、
ついつい嬉しくなってチェックしてしまうのです。
「いたいた! あ、まだ観てる」 ・・・悪いクセでしょうか。
[PR]

by tanken-n | 2006-03-23 17:55 | つぶやき

新しいグッズができました。

グッズ担当(制作?)の谷です。
f0095878_1255896.jpg
雪の結晶を刺繍したコースターを制作しました。
お針でちくちく、あーでもない(うーん)、こーでもない(うーん)といろいろ考えたすえ、できあがりました。
結晶の模様は2種類あって、色はいろいろあります。

他にも雪の結晶ビーズアクセサリーなど、オリジナルグッズもあります。
ぜひ、いちど見に来てくださいませ。
メールでも受け付けております。
[PR]

by tanken-n | 2006-03-23 12:49 | つぶやき

休館日でした

受付です。
探検の殿堂は冬休み期間は月曜、火曜が休館日になっております。
先日は火曜日が春分の日で祝日となっておりましたので、水曜日22日が休館日となっておりました。
立ち上げた早々、更新できず、申し訳ございません。
もうちょっと、更新できるように頑張っていきますので、見捨てずお付き合いくださいませ。
[PR]

by tanken-n | 2006-03-23 10:15 | お知らせ

れっきとした博物館です!・・・一応

学芸員のすみかわです。
はじめてのブログ、最初のつぶやきは何にしようかな?
結構あるんです。「スタッフが見た七不思議」とか「トリビア的へぇ~」とか「ちょっと目頭がウルル・・・」とか。そんなこんなを考えている今日も「ウ~ムム・・・的小さな出来事」があったので、これからにしましょう。

朝から雨、今日はキッズ探検隊のこどもたちくらいしか来ないかな? と思っていたら、小さいこどもを連れた親子が入ってきました。
「ここは、何屋さんですか?」
・・・少し困ったスタッフは、それでも気丈に答えました。
「博物館です」

鈴鹿山脈の麓、田園風景が広がる自然豊か(田舎?)な場所に似合わないのかどうかは別として、少しばかり妙な外観をした建物のせいか、知っている(意図して来た)人以外は、まあ、こんな反応が適当なのかもしれません。しかも、館の名称が「探検の殿堂」です。いったい何屋さんなのか、そりゃあ聞きたくもなるのでしょうね。

ウチ(殿堂)の目玉展示は、マイナス25℃の南極の寒さが体験できる「南極体験ゾーン」です。第一次南極地域観測隊で初の越冬隊長をつとめた故・西堀榮三郎にちなんで作られた展示室なのですが、南極体験に来ましたという人でも、「えっ!? 西堀榮三郎って誰?」ということが珍しくありません。館の正式名称が「西堀榮三郎記念探検の殿堂」なのに、です(苦笑)。ちょっと寂しいなぁ。でも、負けないゾ!!
[PR]

by tanken-n | 2006-03-19 00:54 | つぶやき