されど、ことわざ

すみかわです。
年度末とはいえ、すっかり更新をサボっております。

昨日、2冊の本が届きました。
『「いろはことわざ」による現代若者気質』 と
『知的大人となるためのことわざ社会心理学』 です。




著者の穴田義孝先生(明治大学教授)は、
仲人さんの奥様が殿堂入り探検家・川喜田二郎氏の妹だったり、
やはり殿堂入り探検家・泉靖一氏の授業を受けた経験をお持ちだったり、
探検の殿堂とは、何だかご縁のある方でした。

そんなご縁があるとも知らず、西堀流心のカレンダー2007が、
めぐりめぐって穴田先生のお手元に届き、
その内容に関心を持たれた先生が来館してくださったこで、
興味深い著書をいただくことになったわけですが、
いやぁ~面白い! 職場内では大爆笑が起こると同時に、
こんな「ことわざ」を創作するなんて、若者って鋭い!と驚いています。

「はじめに」で採用されていることわざを少々ご紹介しちゃいましょう!
テーマは「女」です。

い 色気とフェロモン、生きる術
に 女房と愛人は新しい方がいい
ね 猫を被って玉の輿
ら ランジェリーで女は決まる
も モンスターになる女の風呂あがり

大学一年生の創作ことわざ、恐るべし!!
[PR]

by tanken-n | 2007-02-23 12:15 | つぶやき