植物シモバシラ(雪寄草)

12月11日から企画展「氷の花の写真展」をOPENします。
くわしくは当館のホームページをご覧くださいね。

その中に「植物シモバシラの氷花」の写真と映像があります。
f0095878_15312675.jpg

「植物シモバシラ」は、シソ科の多年草で、属名は植物学者の伊藤圭介にちなんでいます。
別名を雪寄草(ゆきよせそう)ともいいます。
この「シモバシラ」よく冷え込んだ朝、枯れた茎に氷が成長し花のように広がります。


苗をネットで購入し、館の裏にある雪上車の横に植えたのが11月16日。
氷花は1月2月の寒い朝に、枯れた茎にできるそうなので、出勤したときにまだ残っているかはわかりませんが、実際に見れるといいな。

ちなみにふつうの地面からできる霜柱も東近江では見ることができます。
と、言っても山の中ですが…。去年登った押立山にできてた霜柱です。
f0095878_15294163.jpg

[PR]

by tanken-n | 2010-12-05 15:32 | つぶやき